M&A事例

TOP > M&A事例

病院、医療機関、介護施設などのM&A事例

医療・介護専門の病院M&Aアドバイザーズでは、個々のケースに応じた最適な選択肢をご提案し、高度なノウハウで友好的なM&Aをお手伝いしております。

後継者不在と施設間連携強化目的のマッチング

後継者不在で悩む医療法人A会と、総合的な医療提供体制の構築を模索する医療法人B会の仲介例。

後継者不在と施設間連携強化目的のマッチング

病院再生、リニューアル

先行き不安で悩む医療法人C会と、医療介護業界でのビジネス展開を計画する医療材料メーカー株式会社Dとの仲介例。地域に必要とされる新しい専門病院へとリニューアル。

病院再生、リニューアル

クリニックの承継と開業医のマッチング

高齢で閉院を検討中のクリニックと、開業を計画する勤務医との仲介例。
患者の引継ぎに協力していただき、開業後の安定した経営を実現。

クリニックの承継と開業医のマッチング

過去の具体的M&A事例

弊社で仲介させていただいた医療法人M&Aの具体的な事例をご紹介します。
一人医師医療法人を長年経営されてきた理事長からのご相談で、後継者と考えていた長男が遠方の病院で永続勤務することが決定し、廃院を考えておられたところを、弊社からM&Aをご提案し、新規開業Drをご紹介した事例です。

買収監査と純資産価額の決定

まずは、買収監査に入って決算書と会計資料をチェックし、純資産価額を計算しました。

年間医業収入 8,000万
経常利益 700万(役員報酬は2,000万計上)
税引き後利益 500万

資産概要

残高 勘定科目 内容
147,000 現金
21,420,000 普通預金 A銀行
12,109,000 保険未収入金 社保・国保請求分
3,291,000 建物付属設備 内装
2,109,000 医療機器
861,000 器具・備品
1,183,000 車両
2,674,000 保証金 建物賃貸保証金
173,000 長期前払費用 火災保険料の前払い(残り5年分)
10,000 出資金 医師協同組合出資金
43,977,000...①

負債概要

残高 勘定科目 内容
527,000 買掛金 診療材料支払い分
1,041,563 預り金 預り源泉所得税・社会保険料
1,920,000 未払法人税等 法人税等の税金
2,500,000 長期借入金 A銀行
5,988,000...②
資産①-負債②=純資産価額 37,989,000(内、設立当初出資金1,000万)
※上記の他、簿外資産として保険の解約返戻金が800万と簿外債務として従業員退職金が存在

買収価額の決定

次に、営業権の評価をどのように算定するかも双方と打ち合わせ。
営業権は超過収益力とも言いいますが、その存在と持続年数が算定のポイントになります。
双方打ち合わせの結果、営業権の評価方法を年買法(標準経常利益に持続年数を乗じる)とし、持続年数は2年ということで、1400万と算定。

最終的に純資産額から車両(車両は譲渡DRの個人所有にする)を控除した3,680万に営業権評価の1,400万を加算した5,080万を最終売買価額に決定し、双方合意していただけました。
  • お問合せ/ご相談はコチラ
  • お電話でのお問合せは06-4704-0061
  • よくあるご質問

pagetop