譲渡を希望

TOP > 譲渡を希望

病院、医療法人、クリニックの譲渡を希望の方へ

病院、医療法人、クリニックの譲渡を希望の方へ

院長先生の急病、後継者不在などの理由で、事業承継してくれるドクターをお探しの医療機関様に、医療法人を継承して譲り受けたいという医療機関様、継承での開業をお考えの勤務医の先生を専門的なアドバイザーとして仲介させていただいております。
クリニックを閉院、医療法人を解散する前に、まずはご相談下さい。

病院・医療法人をM&A(譲渡)するメリット

後継者が不在でクリニックを閉院、法人格の解散を検討されている医療機関様には、M&Aによる第三者への事業承継が有効な選択肢となります。
医療法人や介護施設の事業承継・M&A仲介を専門とする病院M&Aアドバイザーズが支援いたします。

  • 地域医療を担う医療機関の存続

    クリニックを閉めるにあたって最も気になるのが来院されている患者様をどうするかということではないでしょうか。信頼できる医療機関へ紹介していくこともできますが、クリニックを引き継いで診療を継続してくれる若い先生が出てきてくれることが一番ではないでしょうか。

  • 従業員の雇用の継続

    経営者として今の従業員の雇用を守るということも大きなお悩みだと思います。事業を継続してもらえれば、従業員も継続して雇用してもらえる可能性があり、その点でもご安心いただけます。

事業承継・M&Aによる譲渡の流れ

  • 個別相談

  • 1

    秘密保持契約の締結ご要望などをヒアリングさせて頂き、病院M&Aアドバイザーズを運営するビジネススクェアと秘密保持契約を締結の上で、現状の経営状態や譲渡理由、ご要望などをお伺いし、決算書や出資持分、社員・理事構成などの資料を開示していただきます。

  • 2

    M&A・事業承継の可能性の検討ご提出いただいた資料などを基に、M&A(事業承継)で引受先が見つかるか可能性があるかどうかを検討させていただきます。

  • 3

    提携仲介契約の締結弊社のサービス内容や報酬体系をご理解いただき、アドバイザリー契約を締結していただきます。

  • 譲渡額の評価・相手先の探索

  • 4

    具体的資料の提出、法人の評価額の算定決算書等の詳細資料を提出していただき、医療機関を特定できないような匿名での概要書を相手先探索のための資料として作成します。また、デューデリジェンスを行ない、適正な法人評価額を算定してまいります。

  • 5

    マッチングノンネームシートにより、相手先の探索をおこなってまいります。興味をもってオファーを出してきた中から、信頼性が高く条件的にも合う相手をご紹介させていただきます。相手先として問題なければ、面談・施設見学などのセッティングを行います。

  • 6

    譲渡価格等の条件交渉条件についての交渉を具体的に進めてまいります。私どもが間にはいって全て行ないますのでご安心ください。公平中立な立場でアドバイスさせていただきます。

  • 契約、買収監査及び最終交渉

  • 7

    基本合意契約の締結調整後の条件を反映させた基本合意契約書を作成いたしますので、お互いにご理解いただいた上で調印していただきます。

  • 8

    買収監査の実施譲受先による、会計帳簿、証憑資料、契約書及び資産評価等の監査がスムーズに運ぶよう関係者間の調整を行うほか、立会いもつとめます。

  • 9

    最終条件交渉と譲渡契約の締結買収監査結果に基づき譲渡価格等の条件を調整・交渉し、合意に到れば最終の契約書を作成して契約の運びとなります。

  • 10

    クロージング・対価の授受譲渡対価の授受、重要物品等の受け渡しの助言を行い、立ち会います。また、登記や医療対策課等への諸手続きは、別途承ります。

  • お問合せ/ご相談はコチラ
  • お電話でのお問合せは06-4704-0061
  • よくあるご質問

pagetop